トップページ | 安藤美姫さん、お帰りなさい!ミキティ・藤井フミヤさん・荒川静香さんが豪華共演! »

2013年4月16日 (火)

グーグル敗北!裁判所が差し止め命令 どう対応するのか?

グーグル検索では、サジェスト機能で、単語の一部を入力するだけで、検索ワードの候補が出てきます。
とても便利な機能ですが、この機能で、不適切な単語の組み合わせ、例えば特定の人名と犯罪名の組み合わせ等が表示されることで、あたかもその人物がその犯罪を犯したような検索ワードになってしまうことがあります。
これが名誉毀損に当たるということで、グーグルが訴えられ敗訴しました。

まだ確定してはいませんが、妥当な判断だと思います。
2ちゃんねるで、管理者が、名誉毀損に当たる書き込みを削除せずに敗訴するケースがありますが、サジェスト機能では積極的にキーワードを組み合わせて表示させるので、より慎重な配慮が必要と思います。

また、グーグルはどうやら仮処分に従わなかったようです。
このような態度が、裁判所の判断に微妙な影響を与えたかもしれません。
今後の展開が注目されます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130415-00000585-san-soci
グーグルに差し止め命令 検索予測表示めぐり 東京地裁初判断
産経新聞 4月15日(月)21時6分配信

 インターネット検索大手グーグルの「サジェスト機能」で犯罪への関与を連想させる単語が表示され、名誉が傷つけられたとして、日本人男性が米国のグーグル本社に表示の差し止めなどを求めた訴訟の判決が15日、東京地裁であった。小林久起裁判長は名誉毀損を認め、表示差し止めと30万円の賠償を命じた。

 男性の代理人弁護士によると、国内の訴訟でサジェスト機能による権利侵害が認められるのは初めて。

 代理人弁護士によると、男性は数年前から犯罪行為に関与したとする中傷記事がネット上に掲載されるとともに、犯行を連想させる単語が同機能で表示されるようになった。再就職の際に内定を取り消されるなどの被害があったという。

 小林裁判長は同機能が「違法な投稿記事のコピーを容易に閲覧しやすい状況を作り出している」と指摘。「機械的に抽出された単語を並べているだけで、責任を負わない」とするグーグル側の主張を退けた。

 男性は表示削除を求める仮処分を申し立て、東京地裁が昨年3月、申請を認める決定をした。しかし、グーグル側が「米国本社に日本の規制は及ばない」として削除に応じなかったため、訴訟を起こしていた。

 グーグル広報部は「判決内容を精査し今後の対応を検討する」としている

トップページ | 安藤美姫さん、お帰りなさい!ミキティ・藤井フミヤさん・荒川静香さんが豪華共演! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1886368/51247328

この記事へのトラックバック一覧です: グーグル敗北!裁判所が差し止め命令 どう対応するのか?:

トップページ | 安藤美姫さん、お帰りなさい!ミキティ・藤井フミヤさん・荒川静香さんが豪華共演! »